TOP

2018版会社設立の電子認証

電子定款を作成するのにいろいろハマったので簡易メモを残します。
2018/11月の方法です。
自分で会社設立を行う場合はいろいろ検索するのですがいろいろ出てきてちょっとづつ違うのでけっこうややこしい。
いろいろ仕組みを解説してもらっているのですが、仕組みはいいのでとにかく作りたい。という方向けの記事です。

電子定款は下記がわかりやすいので詳しくは下記がいいと思います。
https://llc-myself.com/start-up/teikan/syomei2.html

全体の流れ

  • ・ICカードリーダーのドライバインストール
  • ・申請用総合ソフトのインストール
  • ・Acrobat DCのインストール
  • ・PDF署名プラグインのインストール
  • ・Acrobat DCに設定
  • ・利用者クライアントソフトのインストール(これがハマったポイント)

マイナンバーカードの環境

  • ・Windows10 64bit (MacbookProにBootcampでインストール)
  • ・ICカードリーダー:サンワサプライADR-MNICUBK
  • ・PDFはAdobe Acrobat DC(体験版でOK)

①ICカードリーダーのドライバインストール

サンワサプライのWindows 10 64bit版をダウンロードしてインストール https://www.sanwa.co.jp/support/download/dl_driver_ichiran.asp?code=ADR-MNICUBK
お使いのWindowsが64bitか32bitかはPCを右クリックしてプロパティを見るとわかります

②申請用総合ソフトのインストール

https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/download_soft.html 上からダウンロードしてインストールします。これはインストールだけでいいので起動してすぐに終了します。
途中[申請者ID]と[パスワード]を入力する画面がでますが、使いませんのでキャンセルします。

③Acrobat DCのインストール

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/free-trial-download.html
体験版でインストールします。

④PDF署名プラグインのインストール

下記からダウンロードしてインストール 昔のAcrobatProとかをお持ちであってもエラーになります。AdobeのサイトからAcrobat DCをインストールしましょう https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/cautions/security/pdf_sign_inst.html

⑤Acrobat DCに設定

詳しいのは下記です。ここではざっくり説明します。
https://llc-myself.com/start-up/teikan/syomei1/acrobat-set.html

[メニュー]=>[編集]=>[環境設定]=>[一般] 出てきたウィンドウの左のメニューから[著名]をクリック。上の[作成と表示方法]の[詳細]ボタンをクリック
[デフォルト著名方法]で[SignedPDF]を選択して[OK]をクリック
[メニュー]=>[編集]=>[環境設定]=>[SignedPDF]
環境設定ウインドウの左上の署名用鍵管理を マイナンバーカードの方は、一番上の公的個人認証ICカード(個人番号カード)を選択しOKをクリック。
署名情報入力画面が出てきますので、名前、署名地、を入力して、理由は[私はこの文章の作者です]を選択。
(PDF印影情報のところで会社の実印の印象をスキャンしてPDFにしておくとそれを配置してくれます。)

⑥利用者クライアントソフトのインストール

これもインストールします。これに言及されているサイトがなくて何日か情報を探しました。
https://www.jpki.go.jp/download/index.html

⑦利用者クライアントソフトのセッティング

64bitのWindowsをお使いの方はさらにセッティングが必要です。
下記のようなエラーが出ると思います。

ロード情報定義ファイル(C:\Program Files\Common Files\e-gov_app\load_path\default.dat)がオープンできません。
C_GetFunctionList() of MPKCS11Wrap.dll failed.
ライブラリの読み込みに失敗しました。ライブラリが正しくセットアップされているか確認してください。Code=0x24000001
署名情報収集途中でエラーが発生しました。Code=0x2ffffffd

これはクライアントソフトが32bitなのでインストール先が変わってしまっているためです。

Program FilesではなくProgram Files (x64)にインストールされている

コマンドプロンプトを管理者モードで実行します。

cd C:\Program Files\Common Files\
を入力してリターン押します。(コピペでOK)

mklink /D e-gov_app C:\Program Files (x86)\Common Files\e-gov_app
を入力してリターン押します。(コピペでOK)

これでProgram FilesのCommon Filesの中に[e-gov_app]ができます。

⑧電子認証する

定款のPDFをAcrobat DCで開き、最終ページの会社の実印を押印するページに移動します。
定款のPDFの日付は電子認証する日にしておきます。

[ツール]をクリックし[証明]ボタンをクリックします。

[電子著名]をクリック

ダイアログが出ます

印鑑を押すあたりをドラッグ

ダイアログが出ます

著名者情報入力画面です。パスワードはマイナンバー申請時に作成したパスワードです。
この画面が出ない人はAcrobat DCに設定ができていないと思いますので上のステップへ

確認がはじまります。ここでエラーが出た人は下へ

別名保存になります。

検証できませんとでますが、プラグインが無料バージョンのためです。定款の認証には問題ありません。

印鑑が押されて完了です

エラー

私はここで下記エラーが出ました。

ロード情報定義ファイル(C:\Program Files\Common Files\e-gov_app\load_path\default.dat)がオープンできません。

これが出た場合は⑥の利用者クライアントソフトのインストールを行ってください。

さらに64bitの場合は設定が必要になります

まとめ

電子認証時にエラーが出る原因がいろいろインストールするので探すのが難しいです。
ICカードリーダが動いているかはマニュアルにランプが点灯とあるのですが私の場合はマイナンバーカードを差し込んだ瞬間激しく点滅した後点灯してしばらくするとゆっくり点滅になりました。

グリットテスト

アンジェラ・ダックワースさん著の『GRIT やり抜く力』から「やり抜く力」をはかるグリットケールを作ってみましたのでご利用ください。

起業してわかった会社に残るリスク

もし起業して失敗したら若いうちはともかくそこそこの年齢になると再就職も難しいしもう取り返しがつかない。はたして本当でしょうか

起業するリスクがわかればリスクを最小限にできる

起業=リスクとは失敗するリスクですが。どの状態が失敗なのか・どうすれば失敗は避けられるのかを理解すればリスクを減らすことができそうです。

人生100年時代は本当に来るのか

人生100年時代が来ると言われていますが、日本人の平均寿命は女性87.14歳 男性80.98歳‎。本当に寿命は伸びるのでしょうか?検証しました。

マッチングビジネスで起業はちょっと待って!

交流会などでよく耳にするマッチングビジネス系。ところがマッチングビジネスは難しいと思うのです。なぜ難しいか説明します。

PhpSpreadsheetをサクラサーバーにインストールする方法

PhpSpreadsheetをサクラサーバーにインストールする方法。ばっちりな情報があまりなかったのでまとめました。
2019/04月の方法です。

年収診断シミュレーション

あなたの適正年収はいくらでしょう?年齢や地域・業種・職種などを選んで平均年収を調べます。

年金受給額計算シミュレーション

あなたは年金をいくらもらえるのでしょう?もらえる年金を簡易計算します。

年金にも税金・健康保険はかかります

年金とはいえ収入なのでしっかり税金も健康保険代も引かれてしまいます。どれくらい引かれるか調べました。

結局退職金はいくらもらえるの?

退職金を投資にとか開業資金になどと思われている方!それは一部の大企業のお話。中小企業だと退職金制度自体無い場合もあります。

年金に限界!貯蓄2000万円必要

検証します!金融庁はほぼ年金に頼る生活を送った場合、約2000万円が不足するという試算を示した。本当は?

年金プラス2000万円。支出の根拠がおかしい

金融庁の約2000万円が不足の報告書。年金は19万、支出が26万円この根拠を調べるといろいろおかしい点がわかりました。

もらい忘れないですか?年金や失業保険のまとめ

年金受注年齢になっても申請しないともらえない年金があるので一度確認しましょう。簡単に一覧にまとめました。

1992年の初任給はいくらだったか

給料が少ない上がらないなど給料の悩みも多いのではないでしょうか?では昔はどうだったのでしょう?1992年の初任給を分析します。

すぐわかる![iDeCo](確定拠出年金)とは何か

近頃よく耳にする[iDeCo](確定拠出年金)。そもそもiDeCoとはなんなのか?もうかるのか?をまったく知らない人に簡単に説明します。

すぐわかる![つみたてNISA]とは何か

近頃よく耳にする[つみたてNISA]。そもそも[つみたてNISA]とはなんなのか?もうかるのか?をまったく知らない人に簡単に説明します。

楽天証券[つみたてNISA]から商品ピックアップ

楽天証券の[つみたてNISA]は約150の商品があります。その中からどれを選べばいいかピックアップする検索システムを作りました

安全運用?積極運用?投資リスク許容度診断

投資信託 iDeCo NISAの商品を選ぶにあたってあなたのリスク許容度によって選ぶ商品も少しづつ変わって来ます。ここではあなたのリスク許容度を診断します。

株の投資AI

近頃AIが流行っています。ディープラーニングや画像認識・自動運転などなど。そこで株の投資を考えてくれるAIを作成しました。こちらをご覧ください。

株の投資AI2

うねりチャート底値買い投資術で株を選んでくれるAIを作成しました。こちらをご覧ください。

生命保険の保険金額計算機

保険は家についで2番目に高い買い物と言われていますがはたしてそれは適正な保険なのでしょうか?チェックしてみてください。

住宅ローンシミュレーション

シミュレーションを2種類用意。家賃と同じ額で買える物件の価格を出すシミュレーションと、物件の価格から支払額を出すシミュレーション。

メールアドレスなしで年収診断ができるサイト一覧

会員登録なしで年収診断できるサイトをまとめました。

50代からのマネープランについて

運営者について|お問い合わせ

50代からのマネープラン
TOP