TOP

人生100年時代は本当に来るのか

人生100年時代が来ると言われていますが、日本人の平均寿命は女性87.14歳 男性80.98歳‎。本当に寿命は伸びるのでしょうか?検証しました。

[LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略]リンダ グラットン (著), アンドリュー スコット (著), 池村 千秋 (翻訳)がベストセラーになっています。

この本は人生100年時代とは何か?どうやって乗り越えていくかが書かれています。マンガ版もあって読みやすいです。

Amazonは下記から

本当に人生100年になるのか

LIFE SHIFTでは今50以下の人は100歳まで生きると思っていたほうがいいと書かれています。医療や健康推進で平均寿命がどんどん伸びて行くということです。

平均寿命

日本の平均寿命は世界最高で女性87.14歳 男性80.98歳‎となっています。しかしこれは現在の平均寿命でしかも赤ちゃんや子供の死亡年齢も含まれているため平均を下げています。一説では60歳まで生き延びている人の平均寿命ともなるとさらに上になるとか。

平均余命

ここで平均余命を見てみましょう。平均余命とは例えば60歳の人の平均余命が20だと平均して80才まで生きることになります。平均寿命と違って今60歳の人が対象になるので60以下の時に亡くなってしまった人は除かれるので少し上がります。

主な年齢の平均余命(全国平均)
現在の年齢男性平均余命平均死亡年齢女性平均余命平均死亡年齢
0歳77.7177.7184.6284.62
20歳58.3278.3265.1085.10
40歳39.1379.1345.5485.54
65歳17.5682.5622.4687.46
厚生労働省 2 都道府県別にみた平均余命

上の平均寿命(女性87.14歳 男性80.98歳)‎よりちょっとだけ伸びて女性87.46歳 男性82.56歳となっていますね。正直もっともっと伸びると思っていたのですが誤差みたいなもんですね。60歳まで生き延びた人は100歳ぐらいまで長生きするのかと思っていたらそうでもなさそうです。‎

平均寿命の伸び

LIFE SHIFTでは平均寿命も医療の進歩によってどんどん伸びて行くと書かれていました。これはリアルな感じがします。実際いまのお年寄りは昔より若々しく元気に見えます。

昭和40年昭和45年昭和50年昭和55年昭和60年平成2年平成7年平成12年平成30年
男性67.7469.8471.7973.5774.9576.0476.70
(76.72)
77.7180.98
女性72.9275.2377.0179.0080.7582.0783.22
(83.26)
84.6287.14
厚生労働省 第2表 平均寿命の推移
カッコの中は阪神淡路大震災の影響を除いた数値

ちょっと資料が古く平成12年までだったのですが平成30年の平均寿命を付け足しました。1965年は男性67.74・女性72.92ですが2018年になると男性80.98・女性87.14と53年間で男性で13歳・女性で14歳ぐらい伸びています。特に平成12から30の間は18年間空いているからか3歳ぐらいのびていますね。

今50歳の人は寿命何歳ぐらいか?

上の表を見ると5年で1歳強伸びている感じでしょうか。このペースで行くと今50歳の人が90になることにはさらに寿命が8歳ぐらい伸びて女性95歳 男性90歳ぐらいにはなりそうです。

今40歳の人は寿命何歳ぐらいか?

同じ計算方法で今40歳の人が90になることにはさらに寿命が10歳ぐらい伸びて女性97歳 男性92歳ぐらいにはなりそうです。

今30歳の人は寿命何歳ぐらいか?

同じ計算方法で今30歳の人が90になることにはさらに寿命が12歳ぐらい伸びて女性99歳 男性94歳ぐらいにはなりそうです。

実際がん治療などの進歩はめざましい

がん治療も昔ほど不治の病といった感じは減って来ましたし、免疫療法など新しい治療方法も生まれていっています。
健康に関しても昔の人は栄養不足の時代から酒にタバコに暴飲暴食だったようにも思いますが、今は健康に気をつけた食事を取っています。私も子供の頃よりちゃんとした食事を取っているように思います。そう考えると本当に人生100年時代が来そうですね。

人生100年時代をどう乗り切るか

LIFE SHIFTにはそれを乗り越えるに当たってさまざまな提案があるのですが、私としては下記のことを意識して行きたいと思います。

会社をあてにしない

会社員のまま会社で定年を迎えてなんとか65までバイトしてあとは年金暮らしというのはやはり危険だと思います。今のうちに副業やネットワークなどを築いて65歳の退職後も個人事業でしっかりお金を稼げるようになっておきたいと思います。

お金に働いてもらう

投資なんかはお金に余裕も必要ですし子供が独り立ちしていないうちは難しいですが何も準備していないよりははるかにいいと思います。せめて[つみたてNISA]か[iDeCo]をしておきたいところです。

年金は余裕で取り戻せる

年金の記事の時に72歳まで7年間生き延びれば払った額は取り返せると書きました。90まで生き残れば払った額の3倍ぐらいにはなりそうです。
ただみなさんが思っている通り受給年齢が高くなったり、減額されたりは思想なのであまりあてにせずに、年金なしでもなんとなかるようにしたいものです。

人生100年時代を楽しみにしましょう

100歳まで生きると聞いてどうでしょうか?ピンとこないかもしれません。私はすでに51歳ですので、この話を聞いてなんだか嬉しくなりました。
自分の人生まだ半分なんだと。いままでは若くしてなくなる友人などを見ていつまでも生きていけるとは限らないので後悔のないようにしたいなと思って会社を辞めたのですが、生き続けるとしてもお金を稼ぐ手段がなんとか会社以外にできているのでよかったと思います。
年金の計算をして絶対元はとってやると思っていたのですが、元気に歳をとって子育てが終わったら奥さんと海外旅行とか楽しめたらいいなと思っています。(ついてきてくれるかな)

グリットテスト

アンジェラ・ダックワースさん著の『GRIT やり抜く力』から「やり抜く力」をはかるグリットケールを作ってみましたのでご利用ください。

起業してわかった会社に残るリスク

もし起業して失敗したら若いうちはともかくそこそこの年齢になると再就職も難しいしもう取り返しがつかない。はたして本当でしょうか

起業するリスクがわかればリスクを最小限にできる

起業=リスクとは失敗するリスクですが。どの状態が失敗なのか・どうすれば失敗は避けられるのかを理解すればリスクを減らすことができそうです。

マッチングビジネスで起業はちょっと待って!

交流会などでよく耳にするマッチングビジネス系。ところがマッチングビジネスは難しいと思うのです。なぜ難しいか説明します。

2018版会社設立の電子認証

電子定款を作成するのにいろいろハマったので簡易メモを残します。
2018/11月の方法です。

PhpSpreadsheetをサクラサーバーにインストールする方法

PhpSpreadsheetをサクラサーバーにインストールする方法。ばっちりな情報があまりなかったのでまとめました。
2019/04月の方法です。

年収診断シミュレーション

あなたの適正年収はいくらでしょう?年齢や地域・業種・職種などを選んで平均年収を調べます。

年金受給額計算シミュレーション

あなたは年金をいくらもらえるのでしょう?もらえる年金を簡易計算します。

年金にも税金・健康保険はかかります

年金とはいえ収入なのでしっかり税金も健康保険代も引かれてしまいます。どれくらい引かれるか調べました。

結局退職金はいくらもらえるの?

退職金を投資にとか開業資金になどと思われている方!それは一部の大企業のお話。中小企業だと退職金制度自体無い場合もあります。

年金に限界!貯蓄2000万円必要

検証します!金融庁はほぼ年金に頼る生活を送った場合、約2000万円が不足するという試算を示した。本当は?

年金プラス2000万円。支出の根拠がおかしい

金融庁の約2000万円が不足の報告書。年金は19万、支出が26万円この根拠を調べるといろいろおかしい点がわかりました。

もらい忘れないですか?年金や失業保険のまとめ

年金受注年齢になっても申請しないともらえない年金があるので一度確認しましょう。簡単に一覧にまとめました。

1992年の初任給はいくらだったか

給料が少ない上がらないなど給料の悩みも多いのではないでしょうか?では昔はどうだったのでしょう?1992年の初任給を分析します。

すぐわかる![iDeCo](確定拠出年金)とは何か

近頃よく耳にする[iDeCo](確定拠出年金)。そもそもiDeCoとはなんなのか?もうかるのか?をまったく知らない人に簡単に説明します。

すぐわかる![つみたてNISA]とは何か

近頃よく耳にする[つみたてNISA]。そもそも[つみたてNISA]とはなんなのか?もうかるのか?をまったく知らない人に簡単に説明します。

楽天証券[つみたてNISA]から商品ピックアップ

楽天証券の[つみたてNISA]は約150の商品があります。その中からどれを選べばいいかピックアップする検索システムを作りました

安全運用?積極運用?投資リスク許容度診断

投資信託 iDeCo NISAの商品を選ぶにあたってあなたのリスク許容度によって選ぶ商品も少しづつ変わって来ます。ここではあなたのリスク許容度を診断します。

株の投資AI

近頃AIが流行っています。ディープラーニングや画像認識・自動運転などなど。そこで株の投資を考えてくれるAIを作成しました。こちらをご覧ください。

株の投資AI2

うねりチャート底値買い投資術で株を選んでくれるAIを作成しました。こちらをご覧ください。

生命保険の保険金額計算機

保険は家についで2番目に高い買い物と言われていますがはたしてそれは適正な保険なのでしょうか?チェックしてみてください。

住宅ローンシミュレーション

シミュレーションを2種類用意。家賃と同じ額で買える物件の価格を出すシミュレーションと、物件の価格から支払額を出すシミュレーション。

メールアドレスなしで年収診断ができるサイト一覧

会員登録なしで年収診断できるサイトをまとめました。

50代からのマネープランについて

運営者について|お問い合わせ

50代からのマネープラン
TOP