TOP

年金プラス2000万円。支出の根拠がおかしい

金融庁 年金だけでは足りないから2000万円貯蓄しておくようにの報告書ですが どうやって2000万円貯めろっていうんだとか年金詐欺じゃないのかとかいろいろ非難されています。

報告書には総支出額263,718円/月に対して収入209,198円/月では月5万円ほど足りないので年間60万円不足。それの30年分ということで1800万円不足。約2000万円不足という内容なのですが1800万円を約2000万円といってしまうセンスが庶民感覚から離れていますが、総支出額263,718円/月もほんとうにかかるのでしょうか?
これを検証してみます。

関連記事:年金に限界!貯蓄2000万円必要の続きです

金融庁は2019年6月3日、『高齢社会における資産形成・管理』の報告書を取りまとめ、夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦が30年間、ほぼ年金に頼る生活を送った場合、約2000万円が不足するという試算を示した。

https://www.fsa.go.jp/index.html

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf


総支出額263,718円/月もほんとうにかかるのか?

実際の報告書のPDFには図が掲載されています。

高齢夫婦無職世帯の収入・支出
○ 引退して無職となった高齢者世帯の家計は、主に社会保障給付により賄われている。
○ 高齢夫婦無職世帯の実収入と実支出との差は、月5.5万円程度となっている。

支出
食料64,444円
住居13,656円
水道光熱19,267円
家具・家事用品9,405円
被覆および履物6,497円
保険医療15,512円
交通通信27,576円
教育1,500円
教養娯楽25,077円
そのほかの消費支出54,028円
非消費支出28,240円(税金と社会保険)
(実支出26,3718円 うち消費支出23,5477円)

PDFには(出典)第 21 回市場ワーキング・グループ 厚生労働省資料とあります。

金融庁は厚生労働省の資料を参照

金融庁から厚生労働省に行きました。それを調べてみると資料2 厚生労働省提出資料のPDFにこの表があります。
金融審議会「市場ワーキング・グループ」(第21回)議事次第
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190412.html

この「市場ワーキング・グループ」の議題:高齢社会における金融サービスのあり方 等で人生100年時代に向けて金融面で備えておくべき事項の話。
つまりiDeCoなどで資産形成しましょうという話だったようです。

さらにこのPDFに(出所)総務省「家計調査」(2017年)とあります。こんどは総務省です。

厚生労働省は総務省の資料を参照

調べてみるとどうやら政府統計総合窓口の家計調査の2017(高齢者のいる世帯)世帯主の就業状態別 のエクセルから数字を取っていることがわかりました。

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200561&tstat=000000330001&cycle=7&year=20170&month=0&tclass1=000000330001&tclass2=000000330019&tclass3=000000330020&result_back=1

支出の内訳を確認

上のグラフではいまいちわかりにくかった内訳ですが、総務省のエクセルにちゃんと書いてありました。
数字をひとつづつみていくと食費が月64,444なので1日2人で2,078円使っていることになります。高齢の夫婦2人でこれは高いのか安いのかはわかりませんが節約はできそうです。そのわりに住居費は13,656円と安いですね。持ち家比率が高いのでしょうか?非消費支出という謎の支出は税金と社会保険でしたので必要経費です。
教養娯楽25,077そのほかの消費支出54,028なのでそこをもうちょっと節約できそうです。内訳を見てみましょう

教養娯楽25,077円
(教養娯楽用耐久財)1,132円
(教養娯楽用品)4,575円
(書籍・他の印刷物)4,058円
(教養娯楽サービス)15,312円
その他の消費支出54,028円
(諸雑費)19,432円
(こづかい (使途不明))6,097円
(交際費)27,388円
(仕送り金)1,111円

なんとまぁ。赤字なのに教養娯楽や交際費などです。けっこうゆとりありますね。

グラフのサンプル世帯の金持ち度!

また、エクセルの表のこの世帯ですが平均年齢75.3歳で持ち家比率94.8%。収入は年金の191,880円ぐらいですが預貯金を毎月287,914円引き出しているという世帯で、月々自由に使えるお金が570,215円の世帯でした。なんだよそれ。サラリーマンよりも金持ちの統計じゃないか・・・・
これだけお金が使えたらそりゃ月26万円ぐらいつかうでしょ。それでも30万円はあまるんだから。ちょっとどういう統計なのかほんとうに不明です。
嘘のような表なのでキャプチャ貼っときます。

もうちょっとリアルな統計もあった

総務省「家計調査」(2017年)にはほかにもいろいろなエクセルがあります。
年間収入五分位階級別のエクセルを見ると年収238万円~354万円の世帯(世帯主の平均年齢63.5歳)。(年金19万プラスαで年間240万円とすると)の平均支出額は227万円なので十分年金で生活できているようです。ちなみに交際費は月1万円で食費は57,684円住居費は16,425円でした。

結局なんなのか

資料を当たっていくと年金は19万だけど貯金がたっぷりあって月57万円自由に使える人達の平均支出が26万円。
そのなかの年金は19万、支出が26万円だけを切り取ってお金が足りなくなるからiDeCoなどで資産運用しましょうというのが厚生労働省の資料
その資料を切り取って定年までに2000万円貯めておきましょうというのが金融庁の報告書だったようです。

実際年金の額が大したことなくて、定年後も住宅ローンが残りそうな人とかリタイア後は旅行などで楽しみたい人にとっては年金は足りないというのはみんな知ってたことでこの報告書でもいまさら感はあったのですがあらためて2000万円とか言われるとリアルでいてインパクトも大。炎上商法みたいにばっと拡散したというのがほんとのところでしょうね。

オススメ:年金受給額計算シミュレーションもやってみよう

年収診断シミュレーション

あなたの適正年収はいくらでしょう?年齢や地域・業種・職種などを選んで平均年収を調べます。

年金受給額計算シミュレーション

あなたは年金をいくらもらえるのでしょう?もらえる年金を簡易計算します。

年金にも税金・健康保険はかかります

年金とはいえ収入なのでしっかり税金も健康保険代も引かれてしまいます。どれくらい引かれるか調べました。

結局退職金はいくらもらえるの?

退職金を投資にとか開業資金になどと思われている方!それは一部の大企業のお話。中小企業だと退職金制度自体無い場合もあります。

年金に限界!貯蓄2000万円必要

検証します!金融庁はほぼ年金に頼る生活を送った場合、約2000万円が不足するという試算を示した。本当は?

もらい忘れないですか?年金や失業保険のまとめ

年金受注年齢になっても申請しないともらえない年金があるので一度確認しましょう。簡単に一覧にまとめました。

1992年の初任給はいくらだったか

給料が少ない上がらないなど給料の悩みも多いのではないでしょうか?では昔はどうだったのでしょう?1992年の初任給を分析します。

すぐわかる![iDeCo](確定拠出年金)とは何か

近頃よく耳にする[iDeCo](確定拠出年金)。そもそもiDeCoとはなんなのか?もうかるのか?をまったく知らない人に簡単に説明します。

すぐわかる![つみたてNISA]とは何か

近頃よく耳にする[つみたてNISA]。そもそも[つみたてNISA]とはなんなのか?もうかるのか?をまったく知らない人に簡単に説明します。

楽天証券[つみたてNISA]から商品ピックアップ

楽天証券の[つみたてNISA]は約150の商品があります。その中からどれを選べばいいかピックアップする検索システムを作りました

安全運用?積極運用?投資リスク許容度診断

投資信託 iDeCo NISAの商品を選ぶにあたってあなたのリスク許容度によって選ぶ商品も少しづつ変わって来ます。ここではあなたのリスク許容度を診断します。

株の投資AI

近頃AIが流行っています。ディープラーニングや画像認識・自動運転などなど。そこで株の投資を考えてくれるAIを作成しました。こちらをご覧ください。

株の投資AI2

うねりチャート底値買い投資術で株を選んでくれるAIを作成しました。こちらをご覧ください。

生命保険の保険金額計算機

保険は家についで2番目に高い買い物と言われていますがはたしてそれは適正な保険なのでしょうか?チェックしてみてください。

住宅ローンシミュレーション

シミュレーションを2種類用意。家賃と同じ額で買える物件の価格を出すシミュレーションと、物件の価格から支払額を出すシミュレーション。

メールアドレスなしで年収診断ができるサイト一覧

会員登録なしで年収診断できるサイトをまとめました。

グリットテスト

アンジェラ・ダックワースさん著の『GRIT やり抜く力』から「やり抜く力」をはかるグリットケールを作ってみましたのでご利用ください。

起業してわかった会社に残るリスク

もし起業して失敗したら若いうちはともかくそこそこの年齢になると再就職も難しいしもう取り返しがつかない。はたして本当でしょうか

起業するリスクがわかればリスクを最小限にできる

起業=リスクとは失敗するリスクですが。どの状態が失敗なのか・どうすれば失敗は避けられるのかを理解すればリスクを減らすことができそうです。

人生100年時代は本当に来るのか

人生100年時代が来ると言われていますが、日本人の平均寿命は女性87.14歳 男性80.98歳‎。本当に寿命は伸びるのでしょうか?検証しました。

マッチングビジネスで起業はちょっと待って!

交流会などでよく耳にするマッチングビジネス系。ところがマッチングビジネスは難しいと思うのです。なぜ難しいか説明します。

2018版会社設立の電子認証

電子定款を作成するのにいろいろハマったので簡易メモを残します。
2018/11月の方法です。

PhpSpreadsheetをサクラサーバーにインストールする方法

PhpSpreadsheetをサクラサーバーにインストールする方法。ばっちりな情報があまりなかったのでまとめました。
2019/04月の方法です。

50代からのマネープランについて

運営者について|お問い合わせ

50代からのマネープラン
TOP